有限会社上ボシ武内製飴所

安政5年創業。九代にわたり津軽飴を製造

青森大空襲で焼け残った鉄釜で
現在も技術を伝承

津軽飴製造の老舗を守り続け、未来に

1858年(安政5年)創業。以来、津軽飴の製造販売を一貫して続けてきております。
津軽飴は、津軽藩四代藩主・津軽信政が領民の副業として製造したのが由来といわれます。
武内家初代の武内喜兵衛忠信は、佐賀藩(佐賀県武雄市武内町)より渡り、津軽藩に仕えた武士。 二代目喜兵衛の時代より商人に転じ弘前で水飴の御用に携わり、安政5年幕末の四代目喜兵衛の時代に青森市へ移り、専業の飴屋を開業。幾多の困難を乗り越え、今日の九代目武内勝まで津軽飴製造を継承しております。

商品紹介

紅玉蜜

リンゴの中でも酸味の強い紅玉林檎を煮詰め特殊な方法で抽出したりんごの甘味料。さらりとして、りんごの甘酸っぱい風味が残ります。その年のリンゴの収穫に合わせて作るため、数に限りがあり、ここ数年全国各地から多数のご注文を戴き品切れ状態を起こすほどの弊社人気商品。
青森県産 紅玉林檎の甘酸っぱい風味が残ったフルーツソースで、添加物などは一切使用しておりません。。

ほほ紅

紅玉林檎を輪切りにし砂糖で煮詰め、特殊な方法で乾燥した、もぎたてりんごの酸味と甘味をとじこめたお菓子です。
青森県産の紅玉リンゴを使い、添加物を一切使わずもぎたてりんごの美味しさをそのままで味わっていただけます。
紅玉林檎の美味しい時期に作るため数に限りがございます。

有限会社上ボシ武内製飴所
代表取締役 武内 勝
〒030-0802 青森県青森市本町5丁目1-20
TEL:017-734-1834
FAX:017-773-8026